補助金・助成金

持続化補助金の要件緩和

投稿日:

持続化補助金の要件緩和
現行(低感染リスク型ビジネス枠)
【要件】
○ 感染拡大防止と事業継続を両立させるために、新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等、前向きな取組を加速化する
小規模事業者を対象に支援。
○ 補助上限100万円、補助率3/4、補助金総額の1/4以内(最大25万円)を感染防止対策費に充当可能。
(感染防止対策費:消毒液の購入や換気設備の導入等にかかる経費)

特別措置

【要件】
⃝ 緊急事態宣言の再発令によって令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年(or対前々年)同月比で30%以上減少していること。
【メリット】
○ 補助金総額に占める感染防止対策費の上限を通常1/4以内(最大25万円)から1/2以内(最大50万円)に引上げ、
感染防止対策への支援を強化する。
○ 審査時における加点措置を講ずることにより優先採択。

現行 特別措置
補助上限額
現行100万円
※感染防止対策費は補助金総額の1/4以内(最大25万円)
特別措置100万円
※感染防止対策費は補助金総額の1/2以内(最大50万円)

補助率はかわらず3/4です

※ 持続化【給付】金ではありません。ご注意を!

・ 公募スケジュール:現行、特別措置ともに3月の見込み

jGrants(電子申請システム)での申請受付が

予定されています。

GビズIDプライムの発行に2~3週間かかります支給ID申請を!

あなたにお勧めの記事

働き方改革と社労士 1

働き方改革と中小企業 中小企業の経営者にとって働き方改革は、結構頭の痛い問題となっています。長時間労働の上限時間規制や有給休暇の取得義務、同一労働同一賃金、中小企業への時間外労働の割増賃金率猶予措置の ...

-補助金・助成金

Copyright© ,m . o o t a k a 2021 All Rights Reserved.