社労士1年生の悩み

   

先日、新米社労士とベテラン社労士のディスカッションが有りました。内容は他言無用なのでかけませんが、そこにインスパイアされた私が、一般的な質問について私見を述べてみます。あくまで私の意見です。

新米社労士Q&A

1.お客さんのためになることなら何でもやってしまう。

開業当初にありがちな失敗?です。私も一番最初のお客さんは採算度外視的なこともやっていました。ただ、私の場合は何でも受注してたくさんお金をいただくというスタンスではありませんので、だんだんと事業所の方でやっていただくことを増やしていきました。

安い料金で何でもやってしまうと、顧客が増えたときにだんだんとそのお客様の仕事をやりたくなくなります。ひいては、委託替えされてしまうことになります。そうなる前に値上げ交渉をしましょう。どちらかが犠牲なる関係はどんな場合もうまくはいきません。

値段交渉をして値上げしてもらいましょう。その際に「これだけの仕事をやっています。」というデータを持って行くと交渉しやすいかと思います。

2.開業するより会社員でいた方がいい?

厳しいようですが、迷っているのなら開業しない方がいいと思います。中途半端にやってもうまくいかないと思います。開業さえすればお客さんが来る時代ではありません。十分に戦略を練ってからでいいのでは無いでしょうか?ただ、100%自信がついてからなどと言っていては絶対開業できません。ある程度のところで思い切りは必要です。仕事はやっているうちに覚えられます。今は、昔と違って意地悪な先輩や窓口の係員は少なくなっていますから大丈夫。それに、「仕事の恥はかきすて」ぐらいの気持ちでもいいのでは無いでしょうか。偉そうにしている先輩も、いっぱい恥かいて一人前になったはずです。

別に今、「日々のお金を稼ぐ必要が無いなら、開業してしまった方がいい。」というご意見もありました。どうせ開業するなら早いほうがいいというご意見ですね。

3.家事や介護との両立

私は、自宅開業なので、ぐだぐだです。逆に言うと対応時間が長いのも一つの売りです。家事ときっちり分断したければ、事務所を借りることをおすすめします。そうすればサラリーマンと同じくオンとオフの切り替えは楽にできることになります。但し、個人情報を扱う仕事なのでくれぐれも仕事を持ち帰ることはしない方がいいと思います。いくら仕事をしても文句を言う人はいないのですから好きなだけ残業(とは言いませんが)すればいいのです。

介護は誰にでも来る問題で、私も80を超える母がいます。今は元気ですが、なるようになるしかなりません。行政(デイケアなど)をうまく使うしかないと思います。家族との協力がこの仕事でも不可欠です。

4.勉強の方法、情報収集

「支部会に来てください。」と、この会の主催者や先輩が言っていました。このくらいはバラしてもいいでしょう。支部会に出て、先輩と仲良くなる=何でも聞ける関係を構築する事は重要だと思います。もしかすると「仕事を手伝って欲しいと言われて仕事を覚えられる」かもしれません。その他には、書籍はだいたい5冊ぐらい同じテーマのものを買いましょう。(私はそうしています)5冊ぐらい読んで自分なりにまとめると、一人前にお話しができるようになってると思います。

多少お金はかかりますが、セミナーや勉強会にも顔を出しましょう。

5.顧客獲得方法

これは私が教えて欲しいですね。これは、成功してる人のまねをしてもうまくいきません。性格も得意なことも違うからです。ただ、こんな人は強いと思う人をあげてみると

  1. 営業経験がある人(事務の経験がある人は多いが営業経験を持ってる人は割と少ない)
  2. やはり、人脈豊富な人(特に税理士事務所からの紹介は多い)
  3. 難しい事を簡単にわかりやすく説明できる人

 お問い合わせはこちら

 - 社会保険労務士